FC2ブログ
携帯電話に関する最新事情を ”つらつら”と書いていく予定です。 社会人になってから更新頻度落ち気味です・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ルーターその後
WHR3-AG54をWHR2-A54G54にさせるという改造
外見が似てるから中身一緒だろうという判断でやってましたが、うまく出来ず断念。
実はあの後色々調べてみました。

結論から言うと現状では不可能です。

その理由を説明する前に前回のコメントの紹介
MOOさんが
>つか外見が似ているからって切り替え式のやつが同時接続のと中身同じってことはないだろうな
と書いてくれてますが、まさに正解!

それを確かめるのにすることと言えば分解

まずWHR3-AG54
これにはminiPCIとしてWLI-MPCI-AG54というものが刺さっています。
これは11a規格と11g規格を任意に切り替えて使用することが出来、両方同時に出来ません。

一方のWHR2-A54G54。これにもWLI-MPCI-AG54が刺さっています。
・・・が無惨にも11gのチップが剥ぎ取られています
つまり11a専用となっています。
じゃあ、11gはどうするの?ってことになりますが、実は裏の基盤にもう1枚
WLI-MPCI-G54という11g専用のボードがついています。
つまり、WHR2-A54G54は無線LANモジュールが物理的に2枚刺さっており、それぞれ11a、11g専用と動かすことによって同時接続が可能となっていたのです。
よく考えればWHR2-A54G54にはWirelessランプが2つついてるので当たり前なのかもしれません。

まとめると、
WHR2-A54G54とWHR3-AG54はminiPCIの部分だけ違う別のハードウェア。
ファームウェアだけで変えることは出来ない
ということでした。

なお、予想ですが、WHR3-AG54に、WLI-MPCI-G54を差し、ファームを書き換えることによってWHR2-A54G54として動かすことが可能だと思われます。
が、値段の差(約3000円)から見て納得。これはWLI-MPCI-G54の値段と考えれば、そこまでして同時接続にする必要は無いと思います。

追記[次回予告]
またまた改造ネタ!

beatmaniaIIDX DistorteDても採用されたカード

e-AMUSEMENT PASSの絵柄って寂しくね?

次回、沿うご期待!
スポンサーサイト
別窓 | 改造 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<e-AMUSEMENT PASSの絵柄って寂しくね? | えふ~F~ | ルーター>>
この記事のコメント
[]
ワクワクテカテカ
分解とかできるのが正直羨ましい
俺だと確実に壊すorz
分解できるのはせいぜいPS2くらいだなぁ
2006-03-22 Wed 02:08 | URL | MOO #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| えふ~F~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。