携帯電話に関する最新事情を ”つらつら”と書いていく予定です。 社会人になってから更新頻度落ち気味です・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
携帯の料金比較
やる、いつかやる
とか言っておいて全然進まなかった料金比較ですか、パケット計算だけやってみました。

keitai_ryoukin1.jpg

グラフが飛び出ているのはDoCoMoの各種パケットパックです(定額ではないため、極限まで伸びていくため)
こう見ると面白いのがauとVodafoneの関係。一見auの方が高いと思いつつ2万パケットでぶつかることが発生。その後伸びていってDoCoMoを抜かします。
ということはパケットをたくさん使う人に取っては、基本料金を除いてDoCoMoとauが良いんですね。
DoCoMoのパケットパック30も、57,430パケットから上限まで、Vodafoneのデュアル定額とまったく同じ直線なのも興味深いです。

WILLCOMに関しては、どの会社よりも安い路線。安すぎます。
10,000パケットまでならDoCoMo、12,500パケットまでならau、20,000パケットまでならVodafoneと一緒ということも分かりました。

ついでに基本料金と一緒にしたグラフも載せておきます。
keitai_ryoukin2.jpg

各社一番安いプラン(プランSS・ライトコール)で組んでいます。
DoCoMoの場合は3月以降全てのプランでパケホーダイが組める物として扱っています。
料金は、1年目の割引き適応済み、iモード契約等の基本料金込み、また料金は全て消費税込みです。

なお、このシミュレーションは、計算上のものであり、家族割引き・消費税の誤差・その他各種サービスにより異なる場合があります。ご注意ください。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<最近のWILLCOM | えふ~F~ | うわぁぁ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| えふ~F~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。